糖質中毒!企業が隠す不都合な真実とは

糖質中毒と不都合な真実

 

アメリカの実在する企業を例に取り上げます。

 

トウモロコシが生産がうまくいかず過剰に余ったため、
無駄にしないようコーンシロップを作り、
人々に売りさばくことを考えました。

 

この時、どのくらいの糖分を入れれば血糖値が上がって
「至福点(しふくてん)」に達するか計算もされたそうです。

 

至福 = この上もない幸せ

 

ああ

 

 

つまり、企業の利益を上げ続けるため、
人々の健康を損なうと知りながら
あえて糖質中毒になるよう作り出したわけです。

 

 

国や自治体は、このような悪意のある企業を
規制すべく乗り出すところですが、
税金をたくさん納めている企業なので、
見て見ぬふりをしている状態。

 

しかも、買収されたアメリカの学者が
「肥満は糖質が原因ではなく脂肪が原因だ」
という説を流し、今もそれを信じている人が
世界中にいます。

 

「脂肪を食べると身体に脂肪が溜まる」などと、
学者から言われたら 一般の人は受け入れてしまいますよね。

 

 

ですが、人の身体は そんなに単純ではありません。
食べた脂肪が消化器官を通って別の物質に変化したり
余分な脂肪は便になって出ていくようになっています。

 

 

このように、利益を優先して お客様の健康など
考えていない企業は 世界中にたくさんあります。

 

健康を維持していくためにも、
いろんな正しい情報を得ながら、
健康を害する商品は買わないよう心掛けたいものです。

 

 

 

以上、参考にしていただけたら幸いです。

 

 

 

 

関連記事

ああ

肥満の原因解消とメカニズム!
ポッコリおなかの関係について。
この記事は こちら です。

 

ああ

カロリーと糖質、
どちらを制限すれば やせられるの?
この記事は こちら です。

 

 

 

 

トップへ戻る